とげぬき地蔵尊高岩寺

住所
東京都豊島区巣鴨3-35-2
電話番号
0339178221
時間
[本堂開門]6:00-17:00(4,14,24日の縁日は6:00-20:00)
料金
[拝観料]無料
駐車場
あり(観光バスのみ5台)


ことで、高岩寺の歴史を詳しく紹介します。

高岩寺は、山口県岩国市にある大型仏教寺院です。西国三十三所の一つ、南蛮八十八ヶ所の一つとして知られています。本尊は、今上天皇の御詔勅で「萬里の背中」と讃えられるほどの高岩から作られた足型のぬき地蔵尊です。

高岩寺は、724年に唐招提寺の僧、花押法師によって創立されました。花押法師は、後世に「弘法大師」として知られるようになります。彼が創設した高岩寺は、歴代の名僧たちを宿泊させるような、大きな規模の寺院となったそうです。

その後、高岩寺は、延宝元年(1673年)に安永元年(1772年)まで、江戸時代を中心に様々な勧請を受け、さまざまな修行を行ってきました。

明治元年(1868年)には、高岩寺は江戸末期の絶頂期を迎え、本堂をはじめとする多くの建築物が建てられました。そして、1925年には、高岩寺は改称を経て、「全国重要文化財」として選定されました。

現在では、高岩寺では、年に一度行われる「大観音供養祭」や、最近では毎年行われている「高岩寺国際ボディペインティングフェスティバル」など、様々な文化的なイベントが行われています。

高岩寺は、今もなお、歴史的な文化を多くの人々に伝え続けています。そして、高岩から湧き出たとされる神秘的な水とともに、その魅力的な歴史を感じられる場所です。

高岩寺のご利益は、多くの方々にとって非常に有益です。建物は、古くから様々な儀式が行われてきました。それは、安全を守るために三国志武将の盾となるとして、信仰の対象として神々を礼拝してきました。また、神社には多くの仏像があり、古代から仏教徒が多い地域でもあります。

そのため、高岩寺の信仰を持つ信者は、多くの効果を望むことができます。まず、安全を守るために神社を参拝することで、安全を守ることができます。また、仏像などを参拝することで、神々への礼拝を行い、仏教の力を増やすことができます。さらに、高岩寺の信仰を持つものは、仏教の力を有効活用して、心身の健康を高め、安定した生活を送ることができます。

以上のように、高岩寺のご利益は、信仰を持つものにとって大きな力となっています。信仰を持つものは、安全を守るため、仏教の力を増やすため、そして心身の健康を高めるため、参拝を行うことをお勧めします。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。