高幡不動尊

住所
東京都日野市高幡733
電話番号
0425910032
時間
[奥殿・大日堂]9:00-16:00
休業日
[奥殿・大日堂]月\※奥殿・大日堂は1月中と各種まつり期間中は開館
アクセス
高幡不動駅から徒歩4分(299m)


方が読みやすくなります。

高幡不動尊は、古代から大切にされてきた日本神道の神です。その神格は古代から中世まで続いており、現在でも大切に信仰されています。

高幡不動尊は、もともと高幡不動(たかはたふどう)と呼ばれていました。その名前は、唐(とう)の代に中国から伝わった言葉で、「高い幡(旗)が不動(不揺)に立っている」という意味です。その名前から、高幡不動尊は、忠義と安定を守ってくれる神として信仰されました。

日本神道では、高幡不動尊は、天津神として祀られました。また、天津神の盟約を守るために、信仰者は高幡不動尊に「鎮守」を供えました。供え物としては、豊かな作物を提供し、祈りをかけることなどが行われました。

また、中世以降、日本の王族が高幡不動尊を守護神として選び、国家を守るために信仰しました。特に、今川義元が高幡不動尊を信仰したことで、この神が広く信仰されるようになりました。それ以来、高幡不動尊を信仰する人が増え、現在では、日本全国に数多くの高幡不動尊社があるほどです。

高幡不動尊は、日本人にとって大切な神様であり、日本神道の中心的存在です。今もなお、日本全国で多くの信仰者がいて、忠義と安定を祈りをかけるために祭祀が行われています。

高幡不動尊は、日本の神道信仰の中で最も信仰を集める神様の一人です。究極の福祉をもたらすと信じられています。

高幡不動尊を仏像として祀ると、家族全員に安全と長寿をもたらすといわれています。また、健康と幸福をもたらすと考えられています。

また、高幡不動尊を祀ると、不幸を避けて家庭円満を保つことができると考えられています。また、順調な家庭を保つことができます。

さらに、高幡不動尊を祀ると、自然災害などの事故を避けて家族を守ることができます。また、仕事上の成功を収めるための助けとなります。

仏像の祭典でも高幡不動尊を祀ると、家族に幸福をもたらし、平和で楽しい家庭を保ち、健康な体を保つことができます。

高幡不動尊の祭祀をすることで、家族全員に健康で安全な生活を保つことができ、幸福な家庭を築くことができます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。