湯島天満宮(湯島天神)

住所
東京都文京区湯島3-30-1
電話番号
0338360753
時間
[開門時間]6:00-20:00\[御朱印受付]8:30-17:30
料金
無料
駐車場
なし


湯島天満宮(湯島天神)は、東京都台東区にある歴史ある神社です。紀元前7世紀から歴史があり、現在では東京都の史跡に指定されています。

湯島天満宮は、紀元前7世紀に縄文時代から神事が行われていたと伝えられ、紀元前2世紀には、縄文時代の神様である「湯島神」が祀られていたとされます。また、古事記にも記載があり、紀元前3世紀には尊神が祀られていたと考えられています。

現在の湯島天満宮は、江戸時代から続く、平安時代に建てられた建物を受け継いでいます。江戸時代には、大名である江戸幕府が湯島天満宮を崇敬し、御宝を寄贈したことで知られています。

湯島天満宮は、近代に入り、明治政府によって、歴史的価値を認められ、東京都の史跡に指定されました。また、昭和時代には、湯島天満宮の本殿が再建されるなど、多くの工事が行われています。

明治政府の指定以降も、湯島天満宮の保存、維持が行われ、今日に至っています。現在では、湯島天満宮は、東京都の史跡の中の代表的な存在として、多くの観光客に親しまれています。

湯島天満宮(湯島天神)は、東京都江東区湯島にある神社です。湯島天満宮の神社には、縁起物、水鏡、石垣、三重塔など、古くから伝わる多くの文化財があります。湯島天満宮は、鎌倉幕府の初代将軍・鎌倉源頼朝が定めた大和宗家の社家として、古代から続く社殿として知られています。湯島天満宮は、縁起物を配置した神社として、古くから多くの人々に利益をもたらしてきました。

湯島天満宮のご利益には、家族の健康と繁栄、学業成就、財源確保、家内睦まじいなどがあります。また、古くから湯島天満宮に祈願されていることとして、苦難を乗り越えて福祉を得られること、病気を治癒されること、夫婦和合や子育てなどがあります。さらに、湯島天満宮を参拝することで祈願を叶え、人間関係の調和を促し、縁結びにも効果があると言われています。

湯島天満宮の祈願を受け、ご利益を受けられるためには、参拝する際には、神前でご祈願をし、神官にお賽銭を渡すなどの礼儀を行います。また、神社には参拝者が様々な祈願をしているので、参拝する際は、ご自身の祈願をしながら参拝することをお勧めします。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。