天現寺の地図画像

住所
東京都港区南麻布4-2-35
電話番号
0334463333


とわかりやすいでしょう。

天現寺は、延宝元年(1673年)に菅原道真が創建した建仁寺の改称として創建された。菅原道真は、築地本願寺の下僧であった。彼は、築地本願寺の寺院を廃止し、新たな寺を創設するという夢を持っていた。

天現寺は、菅原道真の思いを形にした寺院で、その建築様式は、室町時代の築地本願寺を引き継いだものだ。そして、天現寺は、江戸時代後期には、開港以来の日本外来書物などを研究している文人たちの心身の癒しの場としても広く知られるようになった。

1868年、天現寺は、太政大臣らによって改称され、「横浜天現寺」となり、横浜天現寺は、今日までその歴史を保ちながら続いている。

天現寺は、高さ約36mの五重塔をはじめとして、江戸時代の建物を残しており、現在も保存されている。また、天現寺は、歴史的建造物群保存法によって指定された史跡としても知られている。

現寺は、鎌倉時代に建立された歴史的な大きな寺院です。この寺院は、現在も仏教宗教の学習と信仰を支援するための場所として現役です。そのため、現寺のご利益は、多くの人々に役立つものとなっています。

現寺では、学習者は仏教の歴史や教えを学ぶことができます。また、信仰者は、仏教の各種礼拝を行うことが可能です。さらに、現寺は、仏教の僧侶の養生と学習を支援するための場所としても機能しています。

現寺のご利益は、信仰者や学習者だけでなく、近隣の住民にも及びます。現寺は、地域内の社会的問題に取り組むためのプログラムを実施したり、社会的な活動を促進するための支援を行います。また、地域の人々が毎日の仕事をしながら仏教を学ぶ機会を提供しています。

現寺のご利益は、まだまだ他にもあります。仏教の信仰を深めるための仏教行事や祭りも実施していますし、文化的な活動にも取り組んでいます。現寺は、信仰者や学習者、地域住民のために多くを提供しているので、今後も多くの人々にとって有益な場所となるでしょう。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。