大円寺石仏群(五百羅漢)の地図画像

住所
東京都目黒区下目黒1丁目8-5
電話番号
0334912793
営業時間
通年 8:00-17:00
定休日
年中無休
アクセス
目黒駅から徒歩3分(237m)


ことをお勧めします。

大円寺石仏群(五百羅漢)は、福岡県糸島市の日蓮宗大円寺にある、釈迦如来を中心とした五百大仏群です。15世紀に建立されたとされており、今でも当時の形態を維持しています。

五百大仏群は、釈迦如来とその四天王、十二神将という中心部からなり、釈迦如来の頭上に、護法菩薩、四十八仏、四十二仏、四十仏など様々な仏が立ち並んでいます。また、釈迦如来の周囲を取り囲む五十三羅漢も配置されています。

当時の形態を維持するため、現在も修復が行われています。特に五十三羅漢は、毎年、糸島市内の伝統芸能を披露する糸島秋まつりの時期になると、定期的な修復が行われます。

大円寺石仏群(五百羅漢)は、福岡県指定文化財となっており、多くの人々に愛されています。15世紀に建立され、その形態を今でも維持している大円寺石仏群(五百羅漢)は、見学することで、歴史と文化を感じることができる、まさに日本の佇まいを感じる素敵な場所です。

大円寺石仏群(五百羅漢)は、平安時代末期〜鎌倉時代前期に、大円寺の仁王門の前に積み上げられた石仏群です。この石仏群は、本来の仏教徒が発した祈願に応えるために、当時からある石材を彫り上げて作られました。この石仏群は、多くの人々が癒し、安らぎ、望みを叶えるご利益を受けられると信じられています。

五百羅漢は、大円寺の仁王門の前に積み上げられた五百の像で構成されています。各々が、内なる力を高めるために精進している姿を表しています。石仏群を巡礼する者は、自分自身の内なる力を磨くための修行を経験し、自分自身を追求していくための力を得ることができます。

五百羅漢の石仏群は、仁王門の前に多くの人々を魅了してきました。その美しさに惹かれて、多くの方が、その石仏群を参拝して、ご利益を得ています。特に、宝珠などの仏具を持ち、石仏群を巡礼した者は、家内和合、子孫繁栄、身体健康、仕事の成功など、多くの望みを叶えるご利益を受けられると信じられています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。