泉岳寺

住所
東京都港区高輪2-11-1
電話番号
0334415560
時間
[4月-9月]7:00-18:00\[10月-3月]7:00-17:00
休業日
無休
料金
[参拝料]無料\[赤穂義士記念館]大人500円


明暦2年(1655年)、関東大震災が起こり、西東京郡西多摩郡(現在の西多摩郡)に大変な被害が出たことから、最初に地震を減らすために開山されたのが泉岳寺です。開山者は江戸時代の元宗家・右大臣家茂(えだより)です。

現在の泉岳寺は、後に家茂が開山した明暦7年(1660年)に役所を移転した新宿区泉岳寺地にあります。現在の建物は、江戸時代中期より様々な建物が建てられており、その中で最も古いのは宝塔、古墳、拝殿、大本山、勝門などがあります。

また、泉岳寺には、開山当時から伝わる詩作家・紫式部の墓があり、平安時代には僧院として活動していました。現在でも多くの僧侶が在住し、地域社会と密接な関係を持っており、多くの人々に親しまれています。

泉岳寺は、古くから多くの信者が訪れ、今もなお多くの人々が訪れています。このように、泉岳寺は歴史ある寺院で、開山以来400年以上にわたって続いています。

霊泉岳寺は、山号を霊泉岳と呼ぶ紀州・三重県にある仏教の寺院です。霊泉岳寺は、元々は宗教仏教の教えを基に、東洋医学の研究や薬草学の研究を行う施設として設立されました。その後、開かれた寺院は、多くの信者の方々や仏教関係者を集め、東洋医学の哲学や精神性を学ぶ場となりました。霊泉岳寺のご利益としては、仏教の教えを修行するための場所として多くの方が訪れ、そこには平和な精神を演出しています。また、宗教仏教の教えを基に、東洋医学の研究や薬草学の研究を行う施設としても知られており、多くの医療従事者や学生がこの寺院に集い、学びに励んでいます。

さらに、霊泉岳寺は、東洋医学の研究や薬草学に関する技術を広く伝える為に、各種イベントやセミナーを定期的に開催しています。また、寺院の周辺にも観光名所があり、地域社会との交流の場となっています。霊泉岳寺は、仏教信者だけでなく、宗教を問わず多くの人々にとって温かい空間となっています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。