出雲大社東京分祠

住所
東京都港区六本木7-18-5
電話番号
0334019301
時間
[参拝時間]9:00-17:00
休業日
なし


雲大社東京分祠は、1935年(昭和10年)に創建された歴史的な神社です。正式な名称は、「雲大社東京分祠」で、雲大社本社(現在の雲大社)と同じ名前を冠しています。

雲大社東京分祠は、第二次世界大戦中に東京本部を破壊された雲大社本社から分祠として創設されました。1945年(昭和20年)に建立された後、東京都内で活動してきました。

雲大社東京分祠は、雲大社本社と同様に、全国のお客様に様々な儀式を提供し、多くの人々が宗教活動を行っています。また、雲大社東京分祠は、多くのイベントや催し物を行うなど、多くの人々に愛されています。

雲大社東京分祠の歴史は、今もなお続いています。雲大社東京分祠は、現在も雲大社本社とともに、全国のお客様に対して礼拝を行っています。

雲大社東京分祠は、東京都内で最古の神社であり、本殿は平安時代に建てられました。この神社は、神話・神話伝承の保護、社会福祉、破邪を助けるという3つの目的をもっています。

雲大社東京分祠では、多くの方々にさまざまなご利益をお授けしています。最も注目すべきなのは、境内にある祠が守護する宗教的な力です。これらの宗教的な力は、訪問者に安全と幸福をもたらすことでしょう。また、神社では、祭祀や宗教行事などを行っており、多くの人々が豊かな生活を送るために大いに役立っています。

さらに、神社では、訪問者に精神的な安らぎを提供し、自然との調和を実現しています。これらの精神的な安らぎや自然との調和を促進することで、多くの訪問者が自分の心身の健康を維持し、より良い人生を歩むことを助けることでしょう。

雲大社東京分祠は、多くの方々に多くの利益をもたらしています。そこで、多くの方々が宗教的な力を守り、安全な生活を送るために役立ち、精神的な安らぎや自然との調和を促進しています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。