回向院

住所
東京都墨田区両国2-8-10
電話番号
0336347776
アクセス
両国〔JR〕駅から徒歩4分(296m)
料金
境内自由
駐車場
なし


こと

東京農工大学大学院は、1890年(明治23年)に開設された東京農工大学の学部改組により、学部と共に設置された研究科から開始しました。

1949年(昭和24年)には、学部から独立し、「東京農工大学大学院」として正式に設置されました。その後、本学院は、農学、工学、獣医学、政策科学など、広範な分野で深く学びを深める為の学問の場として、継続して発展してきました。

1964年(昭和39年)、社会経済学部が新設され、東京農工大学大学院は5つの学部から構成された大学院となりました。その後も農学、工学、獣医学、社会経済学、政策科学の学部を増設し、2020年(令和2年)現在、大学院は7つの学部から構成され、約2,500人の学生が在籍しています。

東京農工大学大学院は、学部の他にも、研究機関や関連施設も併設しています。これらの研究機関や関連施設は、学術研究を推進するだけでなく、地域社会への貢献や教育研究にも力を入れています。

東京農工大学大学院は、近代日本の教育発展に多大な貢献をしてきました。今後も、最先端の研究を行い、学問の場を提供し、学生たちの技術を高めるべく、積極的に取り組んでいきます。

院利益とは、施設や団体が活動を通じて得られる利益のことです。院の利益は、施設を守るために投資した資金によって得られ、永続的な利益を生み出します。院利益を有効活用するには、院の存在意義を明確化し、インフラストラクチャを強化することが重要です。収入を上げ、コストを抑えるために、院の活動を継続的に推進する必要があります。また、施設の投資を活用し、施設の機能を最大限に発揮することも重要です。院の利益を有効活用することで、地域社会に貢献したり、施設の周囲環境を改善するなど、様々なメリットがあります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。