伝法院

住所
東京都台東区浅草2-3-1
電話番号
0338420181


伝法院は、鎌倉時代に始まった日本の司法制度の根幹となる法院です。藤原道長が実行した初めての法改正によって、後に伝法院と呼ばれる司法制度が確立されました。

伝法院では、藤原道長が提唱した「三権分立」を基本として、各臣下に審判を委託したり、債務者の権利を守るための法律を制定したりといった活動を行いました。

後に源氏と呼ばれる重臣が伝法院に司法権を委託し、実効性を持つ刑法、民法などが制定されるようになりました。源氏は、伝法院が事件を発見して訴訟するという制度を整え、法律を守るよう呼びかけました。

江戸時代に入ると、伝法院が日本初の最高裁判所となり、改革が推進されました。改革では、検察官の登用や、良識的な審判を行うための新しい規則などが制定されました。

明治維新の後も、伝法院は改革を続け、現在の「刑事訴訟法」「民事訴訟法」などの法律が制定されました。現在では、伝法院は、国家安全保障、憲法などの問題を裁く最高裁判所として、日本の司法制度の根幹を担っています。

民事裁判所(民事法院)は、民事訴訟に関する決定を行う司法機関です。民事法院では、訴訟当事者間の合意に基づいて、民事訴訟案件を審理します。民事訴訟は、訴訟当事者間の権利・義務関係に関する決定を求めるものです。民事訴訟を行うためには、権利を行使する側(原告)と、権利を受ける側(被告)とが存在します。民事法院では、それぞれの当事者を調査し、正当な判断を行います。

民事裁判所の利益は、訴訟当事者間の紛争を公正な形で解決することにあります。民事法院では、訴訟当事者間の合意事項や提示された証拠に基づいて、正当な決定を行います。民事法院での判決により、訴訟当事者間の関係を正常な状態に戻すことが可能となります。また、民事法院での判決が得られることは、公共の利益を保護する上でも重要な役割を担っています。

民事法院は、その他の法廷に比べるとより難解な話を把握しなければならないため、訴訟当事者には専門士を雇用して、技術的な専門知識を活用する必要があります。民事法院での審理は、訴訟当事者間の関係を公正に解決するためには費用がかかるものですが、一方で司法機関の信頼性を確保するという重要な役割を担うことになります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。