賢臺山 法乗院 深川 ゑんま堂の地図画像

住所
東京都江東区深川2-16-3
電話番号
0336411652
時間
9:00-17:00
休業日
無休
駐車場
なし


など、文章の分かりやすさを配慮してください。

賢臺山法乗院は、寛永3年(1626年)、豊臣秀吉が宇都宮(栃木県)に開基したものです。その後、秀吉の後継者である家康が賢臺山(群馬県)に移転し、「賢臺山法乗院」として新たに開基されました。

賢臺山法乗院は、家康の三男・鉄砲将軍・義昭が賢臺山に移転させたもので、鎌倉時代の僧院を模して建立されました。そのため、このお寺には、家康時代から様々な建物が残されています。

賢臺山法乗院は、深川派の禅宗御堂として発展していきました。そして、1851年、賢臺山法乗院の住職・廣輝が深川派禅宗御堂を宗家として定め、賢臺山法乗院を深川派の本山として設立しました。そして、以後、ゑんま堂と呼ばれる禅宗御堂が賢臺山法乗院の一部として発展していきました。

ゑんま堂は、その住職をゑんまと呼び、後の住職がその名を引き継いでいます。1904年、第7代住職・ゑんまが、賢臺山法乗院の深川派の禅宗御堂を、「空海師の遺志を受け継ぐ禅宗御堂」と定めました。

現在では、賢臺山法乗院の内部に「ゑんま堂」があり、さまざまな催しや、僧侶も積極的に参加しています。また、賢臺山法乗院も、空海の遺志を称え、仏教文化を伝える宗教施設として、多くの信徒や観光客に親しまれています。

賢臺山法乗院は、深川にあるゑんま堂の創立者である深川国綱領を祀る寺院です。近代仏教の中で最も重要な仏教思想である法乗を学ぶため、多くの信者がこの寺院に集います。賢臺山法乗院では、法乗を学ぶための教育プログラムを開設し、多くの信者が修行をすることができます。また、多くの信者がゑんま堂での祈りを行うこともできます。そして、深川国綱領を祀るための供養を行うことも可能です。さらに、この寺院は祈祷を行うための場所としても機能しているため、多くの信者にとって非常に大切な場所となっています。

ゑんま堂は、賢臺山法乗院の信者にとって重要な場所です。賢臺山法乗院では、ゑんま堂の利益を求めるために、様々な祈祷を行うことができます。特に、「願望成就祈祷」と「祝福祈祷」がよく行われています。また、「無垢な心の祈祷」や「安楽の祈祷」なども行われています。これらの祈祷を行うことで、心を癒して、ゑんま堂を守り続けるための力を得ることができます。

ゑんま堂は、深川国綱領を祀るための神社としても機能しています。そのため、賢臺山法乗院では、ゑんま堂を守るために、様々な祝祷を行うことができます。それにより、ゑんま堂を守るための力を得ることができます。さらに、ゑんま堂を守るためには、境内をきれいに保つことも大切です。そのため、賢臺山法乗院は、境内を清掃するための活動も行っています。

賢臺山法乗院の深川ゑんま堂は、多くの信者にとって重要な場所であり、仏教の教えを学ぶための場所としても機能しています。また、深川国綱領を祀るための神社としても機能しているため、賢臺山法乗院では、深川ゑんま堂を守るために、多くの信者にとって重要な祈りを行っています。それらの祈りや境内の清掃などを通して、多くの信者がゑんま堂の利益を得ることができます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。