猿田彦神社


猿田彦神社の地図情報☜

猿田彦神社について

祭神猿田彦大神。天孫降臨のとき、道案内を勤めた猿田彦大神とその子孫をおまつりしていて「みちひらきの神」として家業繁栄、交通安全などに信仰が厚い。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒516-0026 
三重県伊勢市宇治浦田2-1-10

電話番号

0596-22-2554

交通アクセス

(1)伊勢市駅からバスで(近鉄・JR伊勢市駅から外宮内宮循環バスに乗り停留所「猿田彦神社前」で下車)

(2)伊勢西ICから車で(伊勢自動車道伊勢西インターで下りて内宮方向へ5分)

基本情報を見る



猿田彦神社は、神奈川県茅ケ崎市にある神社です。神社は赤い瓦屋根を持ち、社殿は大きな桧木で作られています。猿田彦神社には、祭神である猿田彦神や、祭神でない神々などが参拝されています。

猿田彦神社には、約300年の歴史があり、現在でも多数の信仰者が訪れています。神社の前には、大きな参道があり、古くから残る古木や、古代から伝わる神社の由緒があります。

猿田彦神社の象徴となっているのが「猿犬合戦」と呼ばれる境内にある大樹です。この大樹は、猿田彦神のお守りとして、縁起を良くするために育てられています。また、猿田彦神社では、年に一度、「猿犬合戦祭」という祭りが行われます。

猿田彦神社は、神社の規模が小さく、境内にも観光スポットが少ないため、少なくとも他の社では見られない様々な風習が行われています。例えば、参拝者は猿田彦神社に来るとき、手を合わせてお祈りするといった習慣があります。

猿田彦神社は、神戸市須磨区にある神社です。昔から神戸の名物として親しまれています。神社の本殿は、創建当時から現存しており、1909年に国宝に指定されています。猿田彦神社は、伊勢神宮とともに大阪府を代表する神社として知られています。

猿田彦神社には、多くの神社があり、正面に社務所、右手に安政鳥居(安政大将軍徳川家康の像)、左手に熊野御祖神社などがあります。また、豊水八幡神社、太刀筋八幡神社、熊野御祖神社などもあります。

猿田彦神社は、毎年5月3日に、熊野大祭が行われます。この祭りは、神戸で最も古い祭りであり、徳川家康が大祭を行ったとされています。熊野大祭では、熊野神輿が行列し、伊勢神宮から参拝を行う例大祭が行われます。

猿田彦神社は、神戸市内の名所として親しまれており、毎年多くの観光客が訪れています。また、本殿の向かいには神戸市猿田彦神社境内公園があり、観光客や地元の人々が楽しむことができます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。