住吉神社(三重県桑名市)


住吉神社(三重県桑名市)の地図情報☜

住吉神社(三重県桑名市)について

桑名は古くから伊勢湾、木曽三川を利用した広域的な舟運の拠点港として「十楽の津」と呼ばれ、木材や米等の集散する自由活発な商業都市として発達してきました。住吉浦は、廻船の舟溜りで、全国から多数の廻船業者が集まっていました。この人たちによって航海の安全を祈り、住吉神社(現大阪市)から勧請してこの住吉神社が建立されました。神社前の石灯篭2基は、江戸時代の材木商達が寄進したものです。なお、近年は太一丸堤の上にあった神明社が合祀されています。ここから、伊勢大橋・多度山方面の眺めは水郷桑名ならではの趣があり、水郷巡りの発着点として利用されています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒511-0004 
三重県桑名市住吉町

電話番号

交通アクセス

(1)「田町」バス停から徒歩で5分

基本情報を見る



住吉神社は、三重県桑名市にある古い神社です。ここは、1066(室町時代)に建立されたと言われており、現在の住吉神社は昭和12年(1937年)に建て替えられたものです。

住吉神社は、五重塔の前に位置しています。五重塔は、木造三重塔で、昭和63年(1988年)に完成しました。五重塔は、桑名市の名物として親しまれています。

住吉神社では、毎月13日から15日にかけて、お祭りが行われます。お祭りでは、各地から参列者が祭壇にある開示神社を参拝しています。また、神輿が担げられ、神社の拝殿内で加持行事が行われます。

住吉神社は、日本の美しい古い神社の一つです。お祭りを利用して、古い神社とその文化を感じることができます。

住吉神社は、三重県桑名市にある神社です。本殿は国宝に指定されており、創建年は不詳ですが、古い神社です。鳥居の前には、落ち葉を山の生き物と考え、礼拝を行うという、地域の伝統的な行事が行われます。礼拝の際には、落ち葉を拾い上げ、それを礼拝所に捧げます。

その他、住吉神社は、天皇陛下が参拝したことで有名な、古代祭祀の場としても知られています。歴史的な建造物を守るために、神社内には、古墳や石碑などがあります。

また、住吉神社は、桑名市の観光地としても知られており、毎年多くの観光客が訪れます。神社の賑やかな雰囲気を楽しむことができます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。