白山神社


白山神社の地図情報☜

白山神社について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒509-9201 
岐阜県中津川市川上1449

電話番号

交通アクセス

(1)坂下駅からバスで12分

基本情報を見る

中洞白山神社は、大阪府寝屋川市にある神社です。約1300年前から続く神社で、昔から山中洞(まんなかどう)の最奥にあるということから、白山神社(しらやまじんじゃ)とも呼ばれています。

神社の本殿は、江戸時代末期に建てられたもので、建物の高さはおよそ9.3mです。赤い屋根を持つ本殿は、日本の伝統的な神社の建築様式である「和様式」を採用しています。

中洞白山神社は、元々は太秦八十八箇所霊場の一箇所として登録されていたそうです。現在は、守り神として「白山大神」と「三社大神」が祀られています。

中洞白山神社では、毎年1月15日から17日にかけて「中洞白山祭」が開催されています。祭りでは、神輿押しや振舞などが行われ、多くの人が訪れます。また、神社の裏手には、豊かな自然に囲まれた「白山自然公園」があり、多くの観光客が訪れる場所でもあります。

白山神社は、福岡県田川市にある神社です。当社は、福岡県の古代神社の1つで、創建時期は不明ですが、紀元前3世紀から4世紀にかけての福岡県の神社として発表されています。名前は、白山という山の名前に由来しています。当神社は、有名な国宝である紋紋社(紋紋社)とともに、福岡県の有力な神社として知られています。

白山神社は、毎年4月22日に「神田川祭」という重要な祭りが開催されます。この祭りは、古くから神田川を清める行事として行われており、福岡県内でも有名なイベントです。また、白山神社の聖社として有名な「紋紋社」では、毎年7月21日に「紋紋社祭」が開催されています。

当神社では、神田川を清める行事以外にも、定期的に祭りを開催しています。主な祭りとしては、6月21日に「御嶽神社祭」、8月1日に「熊本祭」、8月15日に「稲荷神社祭」、11月15日に「神田川祭」などがあります。

白山神社は、神田川を清める行事をしているだけでなく、福


白山神社は、新潟県村上市にある神社です。位置する白山は、村上市の中心部を結ぶ村上渓谷の断崖にあり、要所となっています。神社は、元祖となる白山神社の名で知られています。現在の白山神社は、大正7年(1918年)に創建されました。創建以来、新潟県内で最も古い神社として、多くの信仰を集めています。白山神社では、元祖を祀る白山大神と、八百八由来の熊野神社の六神のうちの五神を祀っています。白山神社では、毎年6月第3日曜日に「八百八大祭」を開催していきます。また、春と秋には祭りが行われ、多くの人が参拝しています。

白山神社は、東京都大田区の白山山麓にある神社です。開設は、西暦1613年に現在の社殿が完成されたと言われています。神社のお守りは、白山大明神と呼ばれる日本神話に登場する神々を祀っています。社殿は、御所川沿いに立ち並び、古来の風習を守り続けています。神社内には、大明神記念館があり、昔ながらの地域文化を伝える場所としても人気があります。神社では、東京都内でも珍しい「習字」を教えるスクールを開設しており、若い人々からも支持を得ています。

また、神社では、毎年4月に「白山神社例大祭」を開催しています。隔年に行われる例大祭は、白山神社の年間行事として、大きな成功を収めています。この例大祭では、芸術作品の展示や、多種多様な伝統芸能の上演が行われます。例大祭の風物詩として、街中で拝殿を結ぶ祭りのパレードが行われるのも人気です。

白山神社は、日本の伝統的な文化を守ってきた歴史ある神社です。伝統的な文化を継承しつつ、現代の文化も積極的に取り入れているところが魅力です。



白山神社(宮城県蔵王町)は、古くから宮城県蔵王町内にある神社です。県内で最古の神社と言われており、日本建国紀元前248年(紀元前)に祀られたとされています。当神社は毎年1月15日に新年初詣が行われるなど、お祭りを行うことでも有名です。

白山神社で祀られている神様は、宮城県内で最古の神様と言われており、白山大神、白山尊神、山上大神、白山参議神がそれにあたります。また、神社の正面にあるのは、宮城県内でも最大級の大社殿で、建物の高さも一様で、折り紙を折るような折り面が特徴的な建物となっています。

白山神社では、毎年3月3日に行われる「白山祭り」があります。この祭りは、白山神社を中心に、神輿や手廻り、祭踊りなどが行われる、宮城県内の代表的なお祭りの一つとして、多くの人々が訪れるお祭りです。白山神社は、お祭り以外にも、様々な施設があります。



白山神社は、岩手県平泉町にある神社です。古くから伝わる聖地として、古来より多くの人々が祭神を祀りに訪れています。神社を司る祭神は、「白山大神(白山大明神)」と「地蔵大菩薩」です。神社で行われている祭典は知る人ぞ知る「白山祭」と「地蔵大菩薩迎え祭」の2つです。白山祭は、毎年8月15日に行われる一大祭で、大勢の人々が集まって祭神を祀ります。地蔵大菩薩迎え祭は、毎年12月28日に行われる祭典で、参拝者が多く訪れることから、「宿泊者がない神社」とも呼ばれています。白山神社では、神社参拝以外にも、豊富な自然に囲まれた環境で、自然を楽しむイベントが開催されています。また、毎年10月には「白山神社例大祭」が開催され、多くの人々が訪れる年間行事となっています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。