白山神社(岐阜県山県市)


白山神社(岐阜県山県市)の地図情報☜

白山神社(岐阜県山県市)について

文亀二年(1502年)に建造され、桧皮葺きの屋根は室町時代の特徴を表している。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒501-2104 
岐阜県山県市東深瀬

電話番号

交通アクセス

(1)JR岐阜駅から30分

(2)山県ICから7分

基本情報を見る



白山神社は、岐阜県山県市にある古めかしい神社である。その名前の由来は、山の上にある白山(白い山)を表していると言われている。

白山神社は、古くは「大津白山神社」と呼ばれていた。江戸時代に山岳信仰が根強くあり、白山神社は領民の信仰の対象として、多くの分祠が設けられたと言われている。

現在の白山神社は、明治時代に建てられた社殿を中心として構成されている。社殿の前には、門棟(もんとう)という神門が立ち並んでおり、神社を守り神々を迎え入れている。

白山神社は、山岳信仰や山の恵みを祈願する人々に親しまれている。神社の周辺には、平安時代から続く古い櫓・門等が残されており、歴史的価値のある建造物としても知られている。

白山神社は、岐阜県山県市にある神社です。古くは白山神社の名で知られていましたが、現在は白山大神宮と呼ばれています。神社は古くから多くの人々を魅了し、地域の人々から愛されています。

白山神社は、三十三番札所の一つである本宮白山大神宮として知られています。白山大神宮は、三十三番札所の中で初めて登録された神社であり、登録日は日本書紀百三十六年(平安時代)とされています。

白山神社には、大神宮と八社があります。大神宮では、四季折々の祭典が行われており、多くの人々が訪れます。八社は、白山神社の聖地として知られています。八社には、特に有名な「竹野神社」があり、古来から大切に守られています。

白山神社は、山中の静寂を守りながら、神聖な気配を感じさせる神社です。また、山県市には豊かな自然が広がっており、山間部を訪れると、非日常的な体験をすることができます。夏季には、多くの観光客が訪れて、白山神社の素晴らしさを堪能します。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。