二見興玉神社


二見興玉神社の地図情報☜

二見興玉神社について

夫婦岩の間から昇る「日の大神」と、夫婦岩の沖合い700mに鎮まる猿田彦大神縁りの神石「興玉神石」を拝する神社。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒519-0602 
三重県伊勢市二見町江575

電話番号

0596-43-2020

交通アクセス

(1)二見浦駅から徒歩で15分

基本情報を見る



二見興玉神社(にみこうぎょくだまじんじゃ)は、島根県松江市にある日本神社です。その名前は「二見山」に因んでつけられたもので、二見山は「石仏地蔵」が祀られている山として有名です。神社の建物は、江戸時代中期に建立されたといわれ、宝物館が現存しています。二見興玉神社では、毎年7月14日に「石仏地蔵祭」が行われ、多くの信者が参拝します。また、神社の境内には二見山から流れ落ちる「二見川」が流れています。二見興玉神社は、石仏地蔵を祀る有名な神社であり、日本古来の文化を継承している重要な神社としても認められています。

二見興玉神社(にみこうどくじんじゃ)は、滋賀県大津市にある神社です。室町時代前期に建立されたとされ、大津市の象徴ともなっています。本殿は国宝に指定されており、毎年4月25日には大きな祭りが行われています。

本殿は、袁術の東西24段の三重塔という、かなり歴史が古い建物です。かつては破壊され、元の形がわからなくなってしまいましたが、室町時代後期に再建されて今に至ります。また、拝殿の奥には、天照大神を祀っています。

二見興玉神社は、毎年4月25日に開催される大祭りで有名ですが、毎年5月14日には、滋賀県の名物となっている「ばつぐん節」が開催されます。同節は、室町時代から伝わる神事の祭典で、芸能や神輿などが行われています。

また、拝殿の奥には、江戸時代に立ち上げられた「稲荷神社」があります。こちらでは、毎年1月7日に行われる「初詣」が行われます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。