大円寺(静岡県磐田市)


大円寺(静岡県磐田市)の地図情報☜

大円寺(静岡県磐田市)について

起源は神亀3年(726)といわれ、天慶5年(942)円光寺が再建、臥竜山大淵寺と命名された。その寺跡は賀茂神社に近い台地の西縁と伝えられる。寺谷用水開祖、平野重定公を開基に推戴し、平野家二代重政・大円寺五世久岩全良が寛永15年(1638)に久松山大円寺に改め現在に至っている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒438-0804 
静岡県磐田市加茂123

電話番号

交通アクセス

(1)JR豊田町駅から車で10分

基本情報を見る



大円寺は、静岡県磐田市にある仏教寺院である。隣接する磐田城跡は、豊臣秀吉が磐田城を建てたという伝説があり、大円寺はその護摩塔として発展したと言われている。

大円寺は、室町時代後期に建立されたとされている。その後、天正17年(1589年)に武家屋敷として豊臣秀吉が磐田城を建てたと言われるが、現在の大円寺はその後、明治時代に移転されたという。

大円寺には、室町時代の二重塔である護摩塔や、江戸時代に建立された仏堂と経堂があり、大正時代には、神仏混淆を象徴する境内に美しい庭園を整えるなど、多くの建造物が残されている。

大円寺では、毎年5月に大円祭が行われるほか、夏越祭、参拝者祭など伝統的な祭典が行われる。また、大円寺は立山黒部アルペンルートの中間点として重要な拠点となっている。

大円寺は、静岡県磐田市にある、鎌倉時代末期に創建された本山建築の寺院です。本尊は、本門大師の「空海」であり、この寺院を訪れた信者は有名な書家・俳人となる多くの人がいます。大円寺の象徴的な建物である五重塔は、1941年から建てられ、四重塔よりも少し小さいですが、磐田市を代表する観光拠点となっています。大円寺は、空海が晩年を過ごしたという事実からも知られていますし、「空海臨済経」が唱えられる「諸悩経」でも有名です。また、「空海たちからの贈り物」として空海より受け継がれる貴重な遺物も展示しています。

大円寺では、毎月最終日には「大円寺磐田宝殿千輪供養会」が開催されます。この会は、空海住職の弟子である空海の晩年を支えた千輪である大円寺宝殿を供養する会で、空海の詩を歌ったり、お経を唱えたり、銅鑼を鳴らしながら行われます。この会は、空海を偲ぶという思いを込めて空海の精神を継承していることでも知られています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。