桃林寺(三重県鈴鹿市)


桃林寺(三重県鈴鹿市)の地図情報☜

桃林寺(三重県鈴鹿市)について

県下最古の梵鐘があり,桜の名所でもある。また,海抜200メートルの見晴らしのいい場所に立地し,鈴鹿市内や伊勢湾の展望も楽しめる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒519-0316 
三重県鈴鹿市小岐須町800

電話番号

059-371-0528

交通アクセス

(1)近鉄平田町駅から60分(桃林寺下車,徒歩5分)

(2)鈴鹿ICから車で10分

基本情報を見る



桃林寺は、三重県鈴鹿市にある浄土宗の法然院派の寺院です。新義改隆元年(1331年)に創建された伝統ある寺院で、現在では東本願寺派の管轄となっています。

寺院の正門から入った入ると、2つの門を挟んだ石畳の大観門があります。大観門の内側には、創建当時の能楽師、梅若宗禅によって描かれた四象文様が残されています。

中庭には、創建当時に梅若宗禅が建立した唐招提寺があります。梅若宗禅は、後に天台宗の創始者となり、今でも寺院を参拝される方が多いのが特徴です。

桃林寺では、宗禅の功徳を祀るための年中行事が行われており、毎年7月27日には「梅若宗禅法要」が開催されています。また、毎月第一日曜日には寺院内の石楠花が満開の美しさを披露しています。

桃林寺は、古くから伝わる歴史を感じながら、宗禅の功徳を祀りながら、今もなお祈りをする方々に支えられています。

桃林寺は三重県鈴鹿市にある歴史あるお寺です。桃林寺は昔から法華経を受け継ぐ桃林宗の寺院として知られており、桃林宗の本山である桃林寺大本山とともに有名なお寺として知られています。

桃林寺は建物も歴史的な建物が多く、お寺の前には豊かな緑が広がっています。そのため、内部に入る前からお寺の豊かな環境を感じることができます。宗派の信仰心を感じることができます。

また、桃林寺には歴史的な資料や文書などが多く保存されており、現在も歴史的な資料を収集している研究部門もあります。その研究部門では、桃林宗の全ての歴史的な資料を収集しています。桃林寺では、歴史的な文書や資料を展示することも行っています。

桃林寺では、仏教の信仰が実践されており、年に数回、仏教式が行われています。その他にも学校や企業などとの交流や、桃林宗の信仰を守るための活動を行うなど、様々な活動を行っています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。