豊川稲荷

豊川稲荷の地図情報☜

豊川稲荷について

日本三大稲荷の一つ。商売人をはじめ一般にも人気がある。立派な建物が並び,指定名勝の庭も有名。

 

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒442-0033
愛知県豊川市豊川町1電話番号

0533-85-2030

交通アクセス (1)「豊川駅」または「豊川稲荷駅」から徒歩5分

(2)東名高速道路「豊川IC」から車で10分

基本情報を見る

豊川稲荷は、愛知県豊川市にある稲荷神社です。稲荷神社は、約1400年前に創建されましたが、現在の本殿は明治時代に建てられたものです。稲荷神社は、稲荷神を祀っていますが、神社の本拠となる御影石(みかげいし)は、約3000年前に創建されたものです。豊川稲荷は、稲荷神社の本拠となる御影石を本拠とする稲荷神社の大分支社として、知的財産の登録を受けた稲荷神社の中で最も古い歴史を有しています。豊川稲荷では、毎年5月に「稲荷祭」を行い、多くの神事を催しています。また、先祖祭りなども毎年行われています。

豊川稲荷は、愛知県豊川市にある、稲荷神社です。豊川稲荷は、豊川市の象徴として重要な役割を果たし、市民から信仰を集めています。稲荷神社は、元々は豊川水俣神社という名前であり、古くから稲荷神を祀っていました。その後、奈良時代に現在の稲荷神社が建立され、豊川水俣神社を移転しました。稲荷神社では、朝までは社務を行い、午後からは宮司が開催する祭りが行われます。祭りでは、稲荷神の祭りが行われ、市民は心を込めて参拝します。また、稲荷神社では、神輿を祀る「御神輿祭」や、太鼓を打つ「御太鼓祭」などの様々な祭りを行っています。

北海道には豊川稲荷神社があります。函館市に位置し、重要文化財に指定されている神社です。稲荷神社の本殿は、1890年に建てられた現存する最古の本殿で、明治32年に重要文化財に指定されています。境内には本殿以外にも神社楼門や神楽台、稲荷山祠などがあります。

また、豊川稲荷神社は、函館市の祭りの中心的存在でもあります。七五三祭りや端午の節句など、祭りや宮参りを行う際には、豊川稲荷神社に参拝します。豊川稲荷神社は仙台祭り、函館祭り、函館端午祭などの春夏秋冬の様々な祭りを行っています。

豊川稲荷神社は、夏越の祭りなどの豊かな祭りを毎年開催しています。神社の中心的な催しとして、毎年7月17日に夏越の祭りを開催しており、参拝者が多く集まります。夏越の祭りには、神楽が行われ、様々な賑やかな行事が行われています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。