富士山本宮浅間大社


富士山本宮浅間大社の地図情報☜

富士山本宮浅間大社について

世界遺産富士山の構成資産。摂社・末社あわせて1,300余社を超える浅間神社の総本宮。富士山を御神体とする。本殿・拝殿・桜門などは徳川家康の建立寄進によるもので、本殿と拝殿は重要文化財。毎年5月4日~6日のやぶさめ祭、11月3日~5日の富士宮まつりは10万人の人が訪れる。境内には国指定特別天然記念物「湧玉池」がある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒418-0067 
静岡県富士宮市宮町1-1

電話番号

0544-27-2002

交通アクセス

(1)JR身延線富士宮駅から徒歩で10分

基本情報を見る



富士山本宮浅間大社は、静岡県浜松市にある宗教施設である。浅間神社の山宮であり、紀伊氏、越前氏、豊前氏、島根氏、両国氏の社家が参拝したとされる古い神社である。神社の建物は開館していないが、本殿と周辺の社殿、参道、境内川など本宮の建物が残っている。毎年12月31日から1月1日にかけては、年越し祭が行われ、多くの信者が参拝する。また、天草祭や浅間祭などの日本古来の祭祀も行われている。

富士山本宮浅間大社は、静岡県浜松市の豊玉川河口付近にある神社です。江戸時代中期に、富士山登山を祝うために建立されました。大社を司る神は、山の神様、浅間大神と祭神である本宮大神です。それぞれの神様には、特別な格式があり、祭りが行われています。本宮大神の祭りは毎年7月20日に行われ、浅間大神の祭りは毎年10月20日に行われています。本宮浅間大社には、神社の本殿と、宮司が神聖な場所に住む宮司屋があります。本殿は、室町時代に建てられた建物で、山門から本殿までの道路には、石畳が敷かれています。宮司屋は、本殿から離れていますが、浅間大神が祭られるときには、宮司屋の所宮に宮司が移動して、儀式を行います。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。