神明神社(石神さん)


神明神社(石神さん)の地図情報☜

神明神社(石神さん)について

女性に縁の深い三社 鳥羽三女神のひとつ。
南鳥羽・相差町の氏神である神明神社。石神さんはその参道の途中にある社に祀られています。
御祭神は神武天皇の母であり、海神の娘である玉依姫命です。海女たちの間では古くから「女性の願いなら一つは叶えてくれる」と信仰されており、今では全国から多くの女性参拝客が訪れます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒517-0032 
三重県鳥羽市相差町1385

電話番号

交通アクセス

(1)鳥羽バスセンターからかもめバスで40分

相差から徒歩で7分

(2)伊勢道伊勢ICから車で40分

基本情報を見る



石神神社は、明治4年(1871年)、比叡山頂に石神亀甲を鎮座させたことから発祥しました。石神さんは、弘法大師空海が比叡山頂に石神亀甲を鎮座させたという説話に基づく神社です。石神さんは、安心安楽、健康安寿、御祈願成就、恩恵祈願など諸種のお願いを受け付けています。

石神さんのお祭りは、毎年3月に行われる「比叡山八百八祭」が有名です。その際、多くの神輿を参拝者が担いて大賀山を登り、比叡山に向かいます。比叡山八百八祭は、古くから春分の日に行われる大祭であり、参拝者は石神さんを参拝しながら歩きます。

石神さんの特徴として、宝物館にある石神亀甲石像があります。石像は、石神亀甲が比叡山頂に鎮座してから時を経た現在に至るまで伝わる石像で、古い時代から今日まで変わらず保存されています。

石神さんとは、石川県福井市にある神明神社のことです。神明神社は明治3年(1870年)に開基されました。石神さんは、地域の皆様に愛され続けている老舗の古刹で、昔から陰陽師の訪問先として有名です。

石神さんには、本殿、三重塔、石門、神庭などの施設があります。また、地元の皆様からは「石神さんの大吉祥符」として知られています。それは、石神さんに行くときに持っていくと、災難から守ってくれるという信仰があるそうです。

石神さんは、毎年開催される「福井祭」でも有名なので、多くの観光客が訪れます。また、今でも陰陽師が行く古刹としても有名で、陰陽師の訪問を受け入れています。

石神さんは、福井の名物でもあり、地元の人々に愛され続けている神社です。今でも、多くの観光客が訪れて、古刹の趣を感じられます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。