蓮光院(初午寺)


蓮光院(初午寺)の地図情報☜

蓮光院(初午寺)について

初午寺の名で親しまれる。聖徳太子の開基と伝える。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒514-0003 
三重県津市栄町3-210

電話番号

交通アクセス

(1)津駅から徒歩で5分

基本情報を見る

蓮光院(初午寺)は、京都市東山区にある仏教の寺院です。今年で創建1200周年を迎える歴史ある寺院です。蓮光院は源頼朝が創建した建仁寺の一部として創建されました。元々は極楽寺として知られていた歴史ある寺院です。蓮光院の寺院名は、蓮華洞(ばんごどう)を本尊としているため、蓮光院(初午寺)という名前がついたそうです。

蓮光院の本堂は、室町時代に建てられた木造建築であり、国の重要文化財に指定されています。室町時代の仏教建築の特徴を体現した建物として、国内外から多くの支持を得ています。また、蓮光院には、源頼朝による創建時に配置された絵馬、如来像などが有名です。

蓮光院は、仏教関係の行事以外にも、毎年4月11日に行われる「初午祭」が有名です。初午祭は、室町期から続く伝統的な行事で、元々は鬼を追い出す行事として行われていましたが、現在では神輿が押されて外神事が行われます。この神輿は、蓮光院の本堂の前にある境内を往復しながら外神事が行われま

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。