永昌寺(岐阜県関市)


永昌寺(岐阜県関市)の地図情報☜

永昌寺(岐阜県関市)について

美濃新西国五番札所。境内にある護童殿は乳幼児の守護神として古くから知られ、名僧仙がい和尚の父母の墓があります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒501-2604 
岐阜県関市武芸川町高野643-1

電話番号

交通アクセス

(1)岐阜駅からバスで60分

基本情報を見る

岐阜県関市にある「永昌寺」は、建国以来、1200年以上の歴史を持つ有名な寺院です。本堂は日本建築の名手・和田豊洋が建築したもので、国の史跡に指定されています。境内には、古くから続いている池泉閣や、権現大師像などもあり、見るものを驚かせる古い参拝施設があります。また、境内には宝積塔や、拝殿にはいくつかの彩色芸術が展示されています。また、毎年1月4日には「永昌寺宝積塔祭り」が開催され、地元の人々が参加しています。

永昌寺は、鎌倉時代の僧・空海が開いたといわれていますが、現在の社殿は明治時代に建てられました。境内の池泉閣は、建国以来、1200年以上の年月を経ています。池泉閣がある境内は、空海が住んでいた時代から変わっていません。また、境内には国宝に指定されている権現大師像や、宝積塔もあり、古き良き参拝施設を楽しむことができます。

永昌寺は、建国以来、古くから変わらず伝統を受け継いできた歴史的な建造物です。古い参拝施設を見るだけでなく、宝積塔祭りな

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。