大通寺(愛知県新城市)


大通寺(愛知県新城市)の地図情報☜

大通寺(愛知県新城市)について

長篠・設楽原の戦いで、武田方武将が決戦に際し別れの水杯をかわしたと云われる井戸がある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒441-1634 
愛知県新城市長篠字市場51

電話番号

交通アクセス

(1)長篠城駅から徒歩で10分

(2)新東名高速道路新城ICから車で15分

基本情報を見る

大通寺は、愛知県新城市に位置する歴史的な寺院です。この寺院は、8世紀に創建されたと言われており、現在も約1200年以上の歴史を誇っています。この寺院は、真言宗大本山(静岡県浜松市)の支局として創建されました。本堂は、国の特別史跡に指定され、国宝級の記念物としても認可されています。

また、大通寺は、平安時代(794-1185年)以来、数々の文化的な関係を持っていました。特に、鎌倉時代には、西行妙心寺の親鸞が、この寺院を訪れ、関係を維持していました。

現在では、この寺院では多くの祭りが行われており、伝統的な文化を守るために多くの活動を行っています。また、家族の再会や新婚、お祝いなど、さまざまなイベントも行われています。

大通寺は、愛知県新城市にあり、伝統的な文化を守りながら、多くのイベントを開催している歴史的な寺院です。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。