敢国神社


敢国神社の地図情報☜

敢国神社について

伊賀国一宮として古くから信仰を集めた神社。春(4月17日)と秋(12月5日)の2回,獅子舞が奉納される。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒518-0003 
三重県伊賀市一之宮877

電話番号

0595-23-3061

交通アクセス

(1)上野市駅からバスで10分

基本情報を見る

敢国神社(かごくじんじゃ)は、東京都中野区中野の千住七社の一社である神社です。古くは、敢国大神という名前でしたが、明治政府が「敢国神社」と名づけました。この神社は、国家の保全を祈願するために作られた国家神社として有名です。また、敢国神社は、明治天皇の御華燭としても有名で、明治天皇を祀っています。

敢国神社の主神は、華厳大神という様々な国家を守護する神様ですが、他にも多くの神様が祭られています。そのため、敢国神社は、国家を守る神社としてだけでなく、多くの神様を祭る神社としても知られています。

敢国神社の有名な行事は、毎年4月23日に行う「春季大祭」です。春季大祭は、敢国神社の歴史と伝統が継承される祭りで、多くの信仰者が参加します。さらに、毎年11月23日に行われる「秋季大祭」も行事の代表的なものの一つです。

敢国神社は、今も昔も、日本の国家を守るために重要な役割を担ってきました。そして、多くの信仰者からの愛を受けています。敢国神社は、東京を訪れた際には必ず訪れてみるべき素晴らしい神社です。</

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。