月読宮


月読宮の地図情報☜

月読宮について

伊勢神宮の別宮の一つで、主祭神は天照大御神の弟神・月讀尊。 同宮域内には天照大御神や月讀尊の親神を主祭神とする伊佐奈岐宮・伊佐奈弥宮が並びます。
「月を読む」と記すとおり、月の満ち欠けを教え暦を司る神であることを意味します。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観:1月~4月 5:00~18:00

拝観:5月~8月 5:00~19:00

拝観:9月 5:00~18:00

拝観:10月~12月 5:00~17:00

休業:年中無休

所在地 〒516-0028 
三重県伊勢市中村町742-1

電話番号

交通アクセス

(1)近鉄五十鈴川駅から徒歩で10分

(2)近鉄五十鈴川駅からバスで5分(外宮・内宮循環バスに乗り停留所「中村」で下車。北へ向って徒歩約5分。)

基本情報を見る



月読宮は、和歌山県田辺市の神社で、月読山にあります。月読山は、和歌山県で最も高い山の一つで、標高964mに達しています。月読宮は、和歌山県の山岳信仰の中心的存在であり、今でも多くの信仰者が訪れています。月読宮は、元々は、天台宗の密教僧、久遠大樹が開いたとされる神社で、設立当初、神社の名前は「久遠本宮」と呼ばれていました。また、宮内には、天台宗の教えを守る月読神(つきよみがみ)が祭られています。

月読宮は、毎月月末に「月読式」が行われるなど、多くの行事が行われています。また、月読宮の建物は、江戸時代のもので、伊勢神宮など名勝のような美しい建物が立ち並びます。江戸時代の伝統的な建築様式を守っているため、月読宮は、和歌山県の登録有形文化財に指定されています。

月読宮は、昔から神社として信仰されているだけでなく、地域に根ざした公共的な施設としても機能しています。月読宮内には、屋台で食べ物が売られたり、子供たちが遊べる場所があるなど、地域の人々が楽しめる施設があります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。