医王寺(静岡県磐田市)


医王寺(静岡県磐田市)の地図情報☜

医王寺(静岡県磐田市)について

奈良時代に開山したと伝えられる。江戸時代に造られた小堀遠州の作と伝えられる美しい枯山水の庭園は一見の価値がある。また、徳川家康がこの寺で1ヶ月幕府隆盛を祈願したといわれる。春には胡蝶花、初夏にはアジサイが見頃となる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒438-0038 
静岡県磐田市鎌田2065-1

電話番号

交通アクセス

(1)JR磐田駅からバスで15分

鎌田バス停から徒歩で1分

基本情報を見る

医王寺は、静岡県磐田市にある寺院です。この寺院は、鎌倉時代の1169年(宝暦2年)に創立されたと伝えられています。創建者は建仁天皇の臣徳山親王である本荘元親王です。

医王寺は、本尊に東大寺護摩観音を供養しています。また医王寺の本堂には、本荘元親王の像や、東大寺護摩観音の像などが安置されています。

医王寺は、磐田市の移動祭りの中心となっています。毎年4月に行われる「医王祭」は、巨大な大和跳びなどが行われ、多くの観客が訪れます。

また、医王寺の境内には、医王寺境内の庭園があり、庭園の中には、東大寺護摩観音を祀る神楽殿や、極楽殿などが安置されています。

医王寺は、今も磐田市を象徴する重要な文化財です。このような歴史的な寺院を訪れるのは、とても貴重な体験となります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。