大須観音(寶生院)


大須観音(寶生院)の地図情報☜

大須観音(寶生院)について

真言宗の寺院で「観音様」と呼ばれ親しまれている。本堂は戦災で焼失したが、昭和45年に再建された。大須文庫には、国宝の古事記写本など1万5千冊が所蔵されている。広い境内では、毎月2回骨董市が開かれる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

公開:境内自由

所在地 〒460-0011 
愛知県名古屋市中区大須2-21-47

電話番号

052-231-6525

交通アクセス

(1)地下鉄大須観音駅から徒歩で(2番出入口を出てすぐ)

基本情報を見る

静岡県静岡市にある大須観音(寶生院)は建立以来1200年以上の歴史を持つ、最古の菩提寺です。素晴らしい作品群と建物の群からなる、伝統的な日本庭園を有する観光地としても知られています。大須観音の聖地である大須山は、観光客を魅了し続けています。

大須観音の特徴として、宗教的な特徴と歴史的な美しさがあります。本堂内には、本尊である寶生如来像を祀っており、千手観音像、十一面観音像、豊前観音像などもあります。また、菩提寺としての名前を冠した多くの建物や古い庭園、古代の鉢飾りなども見ることができます。

大須観音では、年間を通して多くのイベントが開催されています。特に、大須観音で開催される「大須祭」は、毎年3月の最終週から4月の初めにかけて開催され、参拝客の多さで知られています。また、大須観音の聖地である大須山においても、多様な催しが行われています。

大須観音は、歴史的な美しさと宗教的な特徴を兼ね備えた場所であり、毎年多くの観光客が訪れています。大須観

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。