三重県護国神社


三重県護国神社の地図情報☜

三重県護国神社について

三重県護国神社(みえけんごこくじんじゃ)は、三重県津市にある神社(護国神社)である。
禁門の変・戊辰戦争から第二次世界大戦までの三重県関係の戦歿者6万3百余柱を祀る。これらの祭神は靖国神社の祭神と基本的に重なるが、護国神社が独自で招魂したものであるから、靖国神社とは本社分社の関係にはないとされる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観:年中無休

所在地 〒514-0006 
三重県津市広明町387

電話番号

交通アクセス

(1)近鉄・JR津駅から徒歩5分

基本情報を見る

三重県護国神社(みえけんごこくじんじゃ)は、三重県桑名市にある神社です。縁起としては、明治元年、当地を襲った豪雨災害を受け、国を守るために当時の社務所長、山内太郎が建立したとされています。

三重県護国神社は、神社本殿と社務所を含む全面的な神社群となっており、神社本殿前には約10mの巨大な石灯籠があります。その他、本殿の脇には豊臣秀吉の写真が飾られ、護国神社の特徴となっています。

その他、三重県護国神社には、祈祷の他にも、お客様に対して「お守り」をプレゼントしたり、毎年5月3日には「祈祷祭」が行われています。また、神社の前には、「慰霊祭」が行われる場所として、安全祈願の碑もあります。

三重県護国神社は、神社の護摩祭や藤原家の参拝など、様々な行事が行われています。また、三重県護国神社は、豪雨災害の時にも国を守る精神が残されており、現在も災害防止や安全祈願などの祈願を行っています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。