方広寺(奥山半僧坊)


方広寺(奥山半僧坊)の地図情報☜

方広寺(奥山半僧坊)について

臨済宗方広寺派の大本山で東海地方を代表する禅寺。
境内には国指定重要文化財の釈迦三尊(しゃかさんそん)の他、七尊菩薩堂(しちそんぼさつどう)や五百羅漢(ごひゃくらかん)などがあります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:9:00~16:00 拝観

休業:無休

所在地 〒431-2224 
静岡県浜松市北区引佐町奥山1577-1

電話番号

053-543-0003

交通アクセス

(1)JR浜松駅からバスで60分(遠州鉄道バス奥山行き)

終点から徒歩で10分

基本情報を見る

奥山半僧坊(おくやまはんそうぼう)は、静岡県御前崎市にある歴史あるお寺です。建物は、室町時代前期の明応(1394~1428)に完成したと言われており、今も古い建物を残しています。

奥山半僧坊は、比叡山信仰を基盤として、寺院を建立した大和藩士・松浦家の創建です。境内には、松浦家の墓があり、松浦家の菩提道心を守り続けています。

境内の敷地面積は、約2万2000平方メートルで、四季折々の美しい庭園を有しています。また、境内には、社殿や仏殿、修験道の道場があり、仏教文化を学ぶのに最適な場所となっています。

境内には、室町時代に作られた正倉院の屏風や絵画、江戸時代の仏像など、多くの美術品が展示されています。また、毎年開催される「奥山半僧坊祭り」は、歴史ある祭りで、多くの人々が参加しています。

奥山半僧坊は、歴史ある建物を残し、仏教文化を学ぶのに最適な場所となっています。毎年開催される祭りも、多くの人々が参加している歴史ある催しです

奥山半僧坊(おくやまはんそうぼう)は、静岡県御前崎市にある歴史あるお寺です。建物は、室町時代前期の明応(1394~1428)に完成したと言われており、今も古い建物を残しています。

奥山半僧坊は、比叡山信仰を基盤として、寺院を建立した大和藩士・松浦家の創建です。境内には、松浦家の墓があり、松浦家の菩提道心を守り続けています。

境内の敷地面積は、約2万2000平方メートルで、四季折々の美しい庭園を有しています。また、境内には、社殿や仏殿、修験道の道場があり、仏教文化を学ぶのに最適な場所となっています。

境内には、室町時代に作られた正倉院の屏風や絵画、江戸時代の仏像など、多くの美術品が展示されています。また、毎年開催される「奥山半僧坊祭り」は、歴史ある祭りで、多くの人々が参加しています。

奥山半僧坊は、歴史ある建物を残し、仏教文化を学ぶのに最適な場所となっています。毎年開催される祭りも、多くの人々が参加している歴史ある催しです

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。