霊山寺(静岡県静岡市)


霊山寺(静岡県静岡市)の地図情報☜

霊山寺(静岡県静岡市)について

駿河湾のながめがよい。平安時代に行基が作って安置した駿河七観音のひとつをまつる寺。仁王門は1516年の建立で国の重文。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒424-0061 
静岡県静岡市清水区大内597

電話番号

交通アクセス

(1)清水駅からバスで30分

徒歩で25分

基本情報を見る

静岡県静岡市にある静岡霊山寺は、静岡県内でも有名な仏閣です。歴史は古く、創建は平安時代前期の812年とされています。正式名称は『玄奘大師静岡霊山寺』で、唐の僧・玄奘大師が成仏したという伝説を拝みます。静岡霊山寺は、元禄三年、大坂から改称されました。現在、本尊は釈迦如来像、参拝者が多く訪れます。

静岡霊山寺の建物群は、古いものが多く、その中でも最も古いものが三重塔で、建築年代は不明です。静岡霊山寺の中には、権現像や脇本、石仏などもあります。また、「『玄奘大師静岡霊山寺霊場』として国指定重要文化財」に指定されています。

静岡霊山寺では、毎年4月に「花祭り」を行います。この花祭りは、桜と芝桜などの各種花を楽しむことができます。また、11月から12月にかけて開催される「秋菊祭」も人気のイベントです。毎年多くの人が訪れます。

静岡霊山寺は、歴史的な建物を持つ有名な仏閣です。また、毎年行われる花祭りや秋菊祭

静岡県静岡市にある静岡霊山寺は、静岡県内でも有名な仏閣です。歴史は古く、創建は平安時代前期の812年とされています。正式名称は『玄奘大師静岡霊山寺』で、唐の僧・玄奘大師が成仏したという伝説を拝みます。静岡霊山寺は、元禄三年、大坂から改称されました。現在、本尊は釈迦如来像、参拝者が多く訪れます。

静岡霊山寺の建物群は、古いものが多く、その中でも最も古いものが三重塔で、建築年代は不明です。静岡霊山寺の中には、権現像や脇本、石仏などもあります。また、「『玄奘大師静岡霊山寺霊場』として国指定重要文化財」に指定されています。

静岡霊山寺では、毎年4月に「花祭り」を行います。この花祭りは、桜と芝桜などの各種花を楽しむことができます。また、11月から12月にかけて開催される「秋菊祭」も人気のイベントです。毎年多くの人が訪れます。

静岡霊山寺は、歴史的な建物を持つ有名な仏閣です。また、毎年行われる花祭りや秋菊祭

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。