射山神社


射山神社の地図情報☜

射山神社について

もとは貝石山の八合目に祀られていたのですが、今の地にうつされました。祭神は温泉大明神とよばれる大己貴命(おおなむらのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)です。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒514-1251 
三重県津市榊原町5073

電話番号

交通アクセス

(1)電車:近鉄久居駅から榊原温泉行きバス26分榊原下車徒歩5分

基本情報を見る

彦根市にある滝射山神社は、古くから神社として信仰されている場所です。その名前は、滝から射る太陽の光を神として信仰するために付けられました。

滝射山神社には、元々4つの分霊祠があり、豊穣神・武安神・鬼太神・鬼環神が司祭として祀られています。また、大野原神社の合祀として、鬼太神を中心に、水神・日影神・宇野神・天鳥神などが祀られています。

滝射山神社には、古くから繰り返し訪れる信仰者が多く、今でも多くの信者が詣でに訪れています。また、神社の信仰を守るため、毎年5月には「滝射山神社祭」を開催しています。

滝射山神社は、古くから信仰されている神社ですが、今でも多くの信者が詣でに訪れていることからも、その神社の力を感じることができます。

彦根市にある滝射山神社は、古くから神社として信仰されている場所です。その名前は、滝から射る太陽の光を神として信仰するために付けられました。

滝射山神社には、元々4つの分霊祠があり、豊穣神・武安神・鬼太神・鬼環神が司祭として祀られています。また、大野原神社の合祀として、鬼太神を中心に、水神・日影神・宇野神・天鳥神などが祀られています。

滝射山神社には、古くから繰り返し訪れる信仰者が多く、今でも多くの信者が詣でに訪れています。また、神社の信仰を守るため、毎年5月には「滝射山神社祭」を開催しています。

滝射山神社は、古くから信仰されている神社ですが、今でも多くの信者が詣でに訪れていることからも、その神社の力を感じることができます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。