梅蔭禅寺


梅蔭禅寺の地図情報☜

梅蔭禅寺について

臨済宗妙心寺派に属し、足利時代創建の古いお寺です。次郎長、大政、小政などの墓があり、侠客としては全国で唯一となる次郎長の銅像が建てられています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観時間:9:00~16:00

所在地 〒424-0932 
静岡県静岡市清水区南岡町3-8

電話番号

054-352-0995

交通アクセス

(1)清水駅からバスで15分

基本情報を見る

梅蔭禅寺は、越前国(現在の愛知県)に位置する大仏院です。日本有数の名門蔵書を持つ禅寺であり、有名な日本古典文学である『梅蔭録』や『日本書紀』などが収められています。現在の梅蔭禅寺は、明治時代に開山した法然上人の弟子・若松上人が建立したものです。禅寺の周辺には、大学や図書館などがあり、学術的な活動も盛んに行われています。禅寺は、梅蔭録や日本書紀をはじめとする日本古典文学の研究を行うための場としても知られています。また、院内庭園には、若松上人が植えた宝物の梅の木があり、多くの観光客が訪れています。

梅蔭禅寺は、越前国(現在の愛知県)に位置する大仏院です。日本有数の名門蔵書を持つ禅寺であり、有名な日本古典文学である『梅蔭録』や『日本書紀』などが収められています。現在の梅蔭禅寺は、明治時代に開山した法然上人の弟子・若松上人が建立したものです。禅寺の周辺には、大学や図書館などがあり、学術的な活動も盛んに行われています。禅寺は、梅蔭録や日本書紀をはじめとする日本古典文学の研究を行うための場としても知られています。また、院内庭園には、若松上人が植えた宝物の梅の木があり、多くの観光客が訪れています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。