鳳来山東照宮


鳳来山東照宮の地図情報☜

鳳来山東照宮について

徳川家康誕生にゆかりがあることから鳳来寺境内にあり家光の命により築造された。老杉や檜が茂る境内は夏でもひやりとする別天地。国指定建造物。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒441-1944 
愛知県新城市門谷字鳳来寺4

電話番号

0536-35-1176

交通アクセス

(1)本長篠駅からバスで15分

徒歩で60分

(2)新東名高速道路新城ICから車で30分

山頂駐車場から徒歩で10分

(3)三遠南信自動車道鳳来峡ICから車で25分

山頂駐車場から徒歩で10分

基本情報を見る

鳳来山東照宮は、中国の東北部にある山東省の一つの勝利市にある古い宮殿です。宮殿は、中国明朝末期の有名な将軍令明・趙宗延が建てたものとされています。それは、宗延が勝利市を訪れた際にその地を守る神として祀るために建てたものです。宮殿は、9層からなる白色の建物で、屋根は黄色の太陽を表しています。宮殿の前の門口には、宗延が勝利市を守るために封印したという伝説があります。宮殿の内部は、広大な庭園や祭壇、屋根の下にある私室などがあります。祭壇には、宗延が勝利市を守る為に仮想的な神様が祀られています。また、宮殿の裏手には、宗延が一時的に滞在したという伝説の跡が残されています。

鳳来山東照宮は、中国の東北部にある山東省の一つの勝利市にある古い宮殿です。宮殿は、中国明朝末期の有名な将軍令明・趙宗延が建てたものとされています。それは、宗延が勝利市を訪れた際にその地を守る神として祀るために建てたものです。宮殿は、9層からなる白色の建物で、屋根は黄色の太陽を表しています。宮殿の前の門口には、宗延が勝利市を守るために封印したという伝説があります。宮殿の内部は、広大な庭園や祭壇、屋根の下にある私室などがあります。祭壇には、宗延が勝利市を守る為に仮想的な神様が祀られています。また、宮殿の裏手には、宗延が一時的に滞在したという伝説の跡が残されています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。