満光寺(愛知県新城市)


満光寺(愛知県新城市)の地図情報☜

満光寺(愛知県新城市)について

平成29年大河ドラマ「おんな城主 直虎」ゆかりの地。徳川家康の危機を救ったといわれる鶏で有名な曹洞宗の古刹。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒441-1621 
愛知県新城市下吉田字田中140

電話番号

交通アクセス

(1)本長篠駅からバスで20分(下新戸バス停下車)

(2)新東名高速道路新城ICから車で20分(国道151号線、257号線経由)

基本情報を見る

満光寺は、愛知県新城市に位置する建物です。江戸時代中期から存在する古刹であり、慶宝元年(1652年)に開基されました。現在は、青山法師の名前を冠した満光青山寺として活動をしています。

満光寺は、青山法師により発見された場所において、開基されました。山門、社殿、仏殿、本堂、本坊などを複合的な建物群で構成し、一つの文化財となっています。

その他にも、正倉院、池袋、庭園、門楼などがあり、建物の美しさについては評価が高いです。また、紅葉の時期になると、多くの観光客で賑わうことから、近隣の人々にも親しまれています。

満光寺は、歴史的な建物群、紅葉を楽しめる庭園、地元の人々に親しまれているなど、愛知県新城市を訪れる際には、必ず拝観する価値がある場所です。

満光寺は、愛知県新城市に位置する建物です。江戸時代中期から存在する古刹であり、慶宝元年(1652年)に開基されました。現在は、青山法師の名前を冠した満光青山寺として活動をしています。

満光寺は、青山法師により発見された場所において、開基されました。山門、社殿、仏殿、本堂、本坊などを複合的な建物群で構成し、一つの文化財となっています。

その他にも、正倉院、池袋、庭園、門楼などがあり、建物の美しさについては評価が高いです。また、紅葉の時期になると、多くの観光客で賑わうことから、近隣の人々にも親しまれています。

満光寺は、歴史的な建物群、紅葉を楽しめる庭園、地元の人々に親しまれているなど、愛知県新城市を訪れる際には、必ず拝観する価値がある場所です。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。