高源寺(静岡県函南町)


高源寺(静岡県函南町)の地図情報☜

高源寺(静岡県函南町)について

約1200年前に弘法大師によって開基。山火事により伽藍焼失し、1190年に源頼朝によって「長久寺」から「高源寺」と源氏の字を入れ寺名をかえ再復興された。源頼朝伊豆は配流の折、頼朝の乳母比企尼の計らいで文覚上人と源氏再興の密議をした寺といわれ、石橋山合戦出陣旗上げ、軍勢ぞろいの地とも伝わる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒419-0101 
静岡県田方郡函南町桑原1265

電話番号

055-978-5037

交通アクセス

(1)函南駅から車で

基本情報を見る

高源寺は、静岡県函南町に位置する歴史あるお寺です。本尊は、釈迦如来を祀っており、約1000年前の明治時代から建立されたと言われています。

高源寺では、年に一度の春季に「お稽古」という行事が行われます。お稽古では、仏教の知識を深めるために、定められた文章を口誦をしたり、仏具を使って瞑想を行ったりします。

また、高源寺では、仏教を学ぶ参客を歓迎しています。参客は、寺内でお守りを購入したり、お茶を楽しんだり、伝統を受け継ぐ高源寺の文化を楽しむことができます。

高源寺は、仏教信仰を学べる場として観光客も歓迎しています。歴史的な建物や、仏具などを観察したり、自分自身の仏教信仰を深めたりすることができます。

高源寺は、静岡県函南町に位置する歴史あるお寺です。本尊は、釈迦如来を祀っており、約1000年前の明治時代から建立されたと言われています。

高源寺では、年に一度の春季に「お稽古」という行事が行われます。お稽古では、仏教の知識を深めるために、定められた文章を口誦をしたり、仏具を使って瞑想を行ったりします。

また、高源寺では、仏教を学ぶ参客を歓迎しています。参客は、寺内でお守りを購入したり、お茶を楽しんだり、伝統を受け継ぐ高源寺の文化を楽しむことができます。

高源寺は、仏教信仰を学べる場として観光客も歓迎しています。歴史的な建物や、仏具などを観察したり、自分自身の仏教信仰を深めたりすることができます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。