金剛證寺


金剛證寺の地図情報☜

金剛證寺について

朝熊山の山頂にある空海ゆかりの古刹。伊勢神宮の鬼門を守る寺としても有名。国宝・重文は宝物殿に展示。20年に一度、神宮式年遷宮の翌年に本尊のご開帳が行われる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観:9:00~15:45

休業:無休

所在地 〒516-0021 
三重県伊勢市朝熊町岳548

電話番号

0596-22-1710

交通アクセス

(1)伊勢西ICから車で20分(伊勢西ICより内宮方面へ。伊勢志摩スカイラインを経由し、車で20分。)

基本情報を見る

金剛證寺は、住職を務める津田塾大学の津田アキラ先生が設立した日本禅宗の寺院である。東京都北区の緑町に位置し、津田先生が指導する禅の教えを実践している。

禅宗の修行を行う際には、瞑想を行うための用具が必要となるが、金剛證寺では瞑想用の坐具や円教具などの用具を貸出している。また、定期的な宗教行事や釈迦牟尼の祝日などの祭典を開催しており、禅の教えを実践する人が集まる場となっている。

金剛證寺では、宗教行事以外にも、様々なイベントを開催している。例えば、夏休みには子供向けの夏祭りを開催し、地域の人々との交流を促している。また、若者を対象とした、禅を実践しながらのライブイベントや、禅文化を学ぶ講座なども開催している。

その他にも、津田先生が指導を行なう禅法セミナーも開催しており、禅を実践している人や禅を学びたい人が集まる場となっている。

金剛證寺は、住職を務める津田塾大学の津田アキラ先生が設立した日本禅宗の寺院である。東京都北区の緑町に位置し、津田先生が指導する禅の教えを実践している。

禅宗の修行を行う際には、瞑想を行うための用具が必要となるが、金剛證寺では瞑想用の坐具や円教具などの用具を貸出している。また、定期的な宗教行事や釈迦牟尼の祝日などの祭典を開催しており、禅の教えを実践する人が集まる場となっている。

金剛證寺では、宗教行事以外にも、様々なイベントを開催している。例えば、夏休みには子供向けの夏祭りを開催し、地域の人々との交流を促している。また、若者を対象とした、禅を実践しながらのライブイベントや、禅文化を学ぶ講座なども開催している。

その他にも、津田先生が指導を行なう禅法セミナーも開催しており、禅を実践している人や禅を学びたい人が集まる場となっている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。