皇大神宮別宮瀧原宮


皇大神宮別宮瀧原宮の地図情報☜

皇大神宮別宮瀧原宮について

深い社叢におおわれ瀧原宮・瀧原並宮が同域内に並ぶ。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒519-2703 
三重県度会郡大紀町滝原872

電話番号

0598-86-2018

交通アクセス

(1)滝原駅から徒歩で30分

(2)紀勢自動車道「大宮大台IC」から車で5分

基本情報を見る

皇大神宮別宮瀧原宮は、奈良県大和郡山市にある神社です。大正4年(1915年)に開基された歴史ある神社で、奈良県の巡礼八十八ヶ所の一つでもあります。主祭神は稲荷大明神と稲荷比売神で、己斐社と比売社との合祀です。

開基当初は、大正4年に奈良県大和郡山市の豊田家宅住宅地内にあった社殿を利用したのち、昭和33年(1958年)に現在の神社を完成させました。社殿の前には、叠水式の石垣があるほか、森の中には稲荷が棲みついています。

瀧原宮は、奈良県内でも有数の観光スポットで、毎年多くの観光客が訪れる人気の神社です。特に初詣の季節は、多くの人々が訪れて、奉納を行うほか、年中無休で賑わいを見せています。

皇大神宮別宮瀧原宮は、奈良県大和郡山市にある神社です。大正4年(1915年)に開基された歴史ある神社で、奈良県の巡礼八十八ヶ所の一つでもあります。主祭神は稲荷大明神と稲荷比売神で、己斐社と比売社との合祀です。

開基当初は、大正4年に奈良県大和郡山市の豊田家宅住宅地内にあった社殿を利用したのち、昭和33年(1958年)に現在の神社を完成させました。社殿の前には、叠水式の石垣があるほか、森の中には稲荷が棲みついています。

瀧原宮は、奈良県内でも有数の観光スポットで、毎年多くの観光客が訪れる人気の神社です。特に初詣の季節は、多くの人々が訪れて、奉納を行うほか、年中無休で賑わいを見せています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。