月夜見宮


月夜見宮の地図情報☜

月夜見宮について

伊勢神宮の別宮の一つ。祭神は月夜見尊で天照大御神の弟神にあたる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観:1月~4月 5:00~18:00

拝観:5月~8月 5:00~19:00

拝観:9月 5:00~18:00

拝観:10月~12月 5:00~17:00

休業:年中無休

所在地 〒516-0072 
三重県伊勢市宮後1-3-19

電話番号

0596-28-2800

交通アクセス

(1)近鉄・JR伊勢市駅から徒歩で10分

基本情報を見る

8月15日は日本最古の祭典「祖神護国祭」が行われ、宮司が指定する夜間には、宮司とその付き人たちが行う「月夜見宮」があります。月夜見宮とは、宮司が宮の奥座敷を歩き回り、宮内にある宝物を見学し、宮の奥深い所で祭神を祀っている行事です。そして、月夜見宮の終わりには、宮司が宮内の高台から神官を従え、香火を供える「月夜神事」が行われます。月夜見宮は、宮司と神官が宮内の秘密を歩き回るため、大変神聖な行程となっています。

月夜見宮には、宮司と神官以外の人々も参加することができます。宮内では、宮司とともに香火を供えたり、神官が祝詞を唱えるなど、伝統的な行事を行うことができます。また、宮内では新しい芸術の技術の習得も行われており、月夜見宮を通じて、多くの文化を学ぶことができます。

月夜見宮は、古くから伝わる祭典であり、日本人の精神を表すものでもあります。宮内の神秘的な空気や行事から、日本文化の大切さや神聖さを感じ取ることができ、日本の伝統的な文化を学ぶ大変貴重な機会となります。

8月15日は日本最古の祭典「祖神護国祭」が行われ、宮司が指定する夜間には、宮司とその付き人たちが行う「月夜見宮」があります。月夜見宮とは、宮司が宮の奥座敷を歩き回り、宮内にある宝物を見学し、宮の奥深い所で祭神を祀っている行事です。そして、月夜見宮の終わりには、宮司が宮内の高台から神官を従え、香火を供える「月夜神事」が行われます。月夜見宮は、宮司と神官が宮内の秘密を歩き回るため、大変神聖な行程となっています。

月夜見宮には、宮司と神官以外の人々も参加することができます。宮内では、宮司とともに香火を供えたり、神官が祝詞を唱えるなど、伝統的な行事を行うことができます。また、宮内では新しい芸術の技術の習得も行われており、月夜見宮を通じて、多くの文化を学ぶことができます。

月夜見宮は、古くから伝わる祭典であり、日本人の精神を表すものでもあります。宮内の神秘的な空気や行事から、日本文化の大切さや神聖さを感じ取ることができ、日本の伝統的な文化を学ぶ大変貴重な機会となります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。