龍城神社


龍城神社の地図情報☜

龍城神社について

東照宮映世社合併の社。
拝殿天井の平成鳴き龍は一見の価値あり。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

休業:無休

所在地 〒444-0052 
愛知県岡崎市康生町561 岡崎公園内

電話番号

0564-21-5517

交通アクセス

(1)東岡崎駅から徒歩で15分

基本情報を見る

事務局管内の小樽大津城の向かいにある小樽城神社は、昔から信仰されてきた神社です。小樽城神社は、伝説によると幕府家臣の小樽藩主宇都宮氏が、大津城を建てた時、元々祀られていた古神社に仏門を付け加えて改築したと伝えられています。また、1655年に小樽藩の氏門祭神社として選ばれたこともあり、本殿はそのときの建物を現在も使用しています。小樽城神社は、守り神、紀元祭神、忠君家神、政令神、紀元神など、多くの奉神を安置しています。毎年、藩主宇都宮家の祭典が行われ、多くの人たちが参拝しています。また、境内には、百万石の一角を取り戻した藩主宇都宮家の先祖である宇都宮義賢の墓があり、参拝者が参拝することもできます。小樽城神社は、古くから信仰されている神社であり、参拝者にとっても素晴らしい体験になるでしょう。

事務局管内の小樽大津城の向かいにある小樽城神社は、昔から信仰されてきた神社です。小樽城神社は、伝説によると幕府家臣の小樽藩主宇都宮氏が、大津城を建てた時、元々祀られていた古神社に仏門を付け加えて改築したと伝えられています。また、1655年に小樽藩の氏門祭神社として選ばれたこともあり、本殿はそのときの建物を現在も使用しています。小樽城神社は、守り神、紀元祭神、忠君家神、政令神、紀元神など、多くの奉神を安置しています。毎年、藩主宇都宮家の祭典が行われ、多くの人たちが参拝しています。また、境内には、百万石の一角を取り戻した藩主宇都宮家の先祖である宇都宮義賢の墓があり、参拝者が参拝することもできます。小樽城神社は、古くから信仰されている神社であり、参拝者にとっても素晴らしい体験になるでしょう。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。