お湯かけ弁財天


お湯かけ弁財天の地図情報☜

お湯かけ弁財天について

銭洗い・お湯かけ弁財天、尊像に熱いお湯をかけて願いをかければ、何でも望みが叶えられるという言い伝えがあります。また弁財天のすぐ脇にある宝池でお金を洗うと、金運に恵まれるといわれます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒413-0302 
静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本

電話番号

交通アクセス

(1)伊豆熱川駅から徒歩で3分

基本情報を見る

お湯かけ弁財天(おおゆかけべんざいてん)は、日本の伝統的なおもちゃの一種です。元々は、昔から子供たちに使われていたもので、描かれているのは仏教の大善大仏の姿。お湯かけ弁財天を作るとき、豆腐や紙などを用いて作られます。

お湯かけ弁財天は、子供たちが水でお湯かけることで、大善大仏が頭を振りながら踊るような様子になります。それに伴い、大善大仏の名前が叫ばれるなど、子供たちを楽しませるための演出が行われます。

また、お湯かけ弁財天には願い事を込めるという風習があり、子供たちはお湯かけ弁財天に自分の願いを書いた小さな紙を入れて楽しみながら振り回します。「健やかな体をもつように」「勉強がうまくいくように」など、子供たちの希望が詰まったお湯かけ弁財天を振り回すことで、子供たちの心も明るくなります。

お湯かけ弁財天(おおゆかけべんざいてん)は、日本の伝統的なおもちゃの一種です。元々は、昔から子供たちに使われていたもので、描かれているのは仏教の大善大仏の姿。お湯かけ弁財天を作るとき、豆腐や紙などを用いて作られます。

お湯かけ弁財天は、子供たちが水でお湯かけることで、大善大仏が頭を振りながら踊るような様子になります。それに伴い、大善大仏の名前が叫ばれるなど、子供たちを楽しませるための演出が行われます。

また、お湯かけ弁財天には願い事を込めるという風習があり、子供たちはお湯かけ弁財天に自分の願いを書いた小さな紙を入れて楽しみながら振り回します。「健やかな体をもつように」「勉強がうまくいくように」など、子供たちの希望が詰まったお湯かけ弁財天を振り回すことで、子供たちの心も明るくなります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。