土肥達磨寺


土肥達磨寺の地図情報☜

土肥達磨寺について

達磨寺として名高い京都法輪寺の分院で、富士山の好展望地として知られる小下田の富士見台にある。本堂には不死身達磨大師と命名された高さ5m、重さ3トンの日本最大の達磨大使坐像が安置されている。この像に「南無達磨娑婆詞」と3回唱えてお参りし、開運札に願い事をひとつ書いて宇宙創世発展の5大要素(地・水・火・風・空・識)を5色に表した五色願懸け達磨に貼り付けると願いが叶うという。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観:8:30~16:30 年無休

所在地 〒410-3304 
静岡県伊豆市小下田463-1

電話番号

0558-99-0731

交通アクセス

(1)修善寺駅からバスで67分

富士見台下車から徒歩で1分(西伊豆土肥恋人岬前)

基本情報を見る

土肥達磨寺(とふいだるまじ)は、東京都調布市にある歴史ある寺院である。昭和四十五年にお寺が開かれて以来、約60年間にわたり歴史を重ねてきた。当寺は、全国の諸大仏殿で知られる曹洞宗の大和派の伝統を受け継ぐ経典流の寺として、深い信仰を持つ多くの信者を集めている。

土肥達磨寺は、境内の本堂の目の前にある三層の梵宝塔を中心に、本堂とその横にある御殿、梵宝塔の脇にある役場、御朱印所、正門の他、梵宝塔の脇にある猿座門と拝殿があり、総面積が約6,000坪に及ぶ。

また、木曜日は終日境内を自由に歩くことができ、菩提樹や大仏様、重要文化財の木彫りにも触れて頂ける。他にも、全国各地から参拝される紅葉季節を迎える大簾開き、正月や端午の節句などの行事を催している。

土肥達磨寺は、磨き抜かれた歴史の中にある歴史ある寺院であり、多くの信者が集まり、多くの美しい伝統行事を実施している。訪れることで、千年以上の歴史の中にある歴史ある寺院

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。