鳳来寺山


鳳来寺山の地図情報☜

鳳来寺山について

徳川家にも深いゆかりのある鳳来寺山。ここには国の重要文化財に指定される「鳳来山東照宮」があり、日光、久能山と並び「三東照宮」と称されている。秋は紅葉のメッカとしても知られるほか、5~7月になると、霊鳥と言われるコノハズクの「仏法僧(ブッポウソウ)」という鳴き声も、よく聞かれる。

日光、久能山と並び称される東照宮のある寺

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:拝観自由、鳳来寺山パークウェイ8時~18時

休業:鳳来寺山パークウェイ年中無休

所在地 〒441-1944 
新城市門谷字鳳来寺

電話番号

交通アクセス

(1)東名豊川ICよりR151、県道32、鳳来寺山パークウェイ経由、飯田方面へ1時間

基本情報を見る

鳳来寺山は、広島県廿日市市の白山山麓に位置しています。鳳来寺山は、紀元前3世紀頃から6世紀頃までに栄えた「鳳来寺」の山として有名な山です。鳳来寺山は、高さ約335mという非常に高い山で、山頂からは広島市街地を一望できます。また、山頂には、紀元前7世紀に建てられたといわれる「鳳来寺」が現在も屹立しています。

鳳来寺山には、多くの緑豊かな森林があり、植物の動植物にとって重要な森林です。鳳来寺山の森林は、文化的な価値も注目すべきもので、宮内庁が指定した「国指定天然記念物」の一つにも指定されています。鳳来寺山には、毎年4月から6月にかけて豊かな花々が咲き誇り、多くの観光客を魅了しています。

鳳来寺山は、登山者や自然派の人々にも人気のある場所です。山頂から広島市街地を一望できるだけでなく、山頂付近にある「鳳来寺」などの歴史的な建造物を見ることもできます。また、鳳来寺山では、毎年7月に開催される「鳳来寺山での夏祭り」も大変盛大なもの

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。