慈恩寺(三重県亀山市)


慈恩寺(三重県亀山市)の地図情報☜

慈恩寺(三重県亀山市)について

聖武天皇の勅願により僧行基が開いたと伝える。安置されている木造阿弥陀如来立像は、重要文化財。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観:拝観希望者は1週間前までに亀山市市民文化部文化振興局まちなみ文化財室(0595-96-1218)まで申込が必要

所在地 〒519-0165 
三重県亀山市野村町3丁目18-1

電話番号

0595-82-3535

交通アクセス

(1)亀山駅から徒歩で15分

基本情報を見る

慈恩寺は、三重県亀山市にある建物です。歴史は古く、昔から信仰の名所として知られています。特徴的なのは、梵字が書かれた参道で、両側に梵字が書かれた2本の廊下があることです。廊下の両側には、菩提樹と菩提蔵を表す石碑があります。参道を抜けると、大きな建物にたどり着きます。建物の前には、山門があります。建物の中には、石像、仏像などがあり、それぞれに詳しい歴史が付いています。また、慈恩寺内には、一山一林法師が書いた詩を書いた碑文があります。慈恩寺は、三重県の観光名所としても親しまれています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。