秋葉総本殿可睡齋


秋葉総本殿可睡齋の地図情報☜

秋葉総本殿可睡齋について

遠州三山のひとつ萬松山可睡齋は、「お可睡(おかすい)」と呼ばれ、多くの人々に親しまれている東海屈指の曹洞宗の巨刹です。応永年間(西暦1394年)頃、大路一遵が久野城主、久野宗隆の援助を受けて開いたと伝えています。寺名には家康伝説が伝わり、第11代住職の等膳和尚は可睡和尚と呼ばれたことは広く知られています。広い境内に本堂、書院、方丈など多くの建造物が立ち並び、小高い地には秋葉山から遷座した秋葉三尺坊大権現も祀られています。 花の寺としても名高く、春はボタン(60種、2,000株)、夏は鷺草、秋には紅葉が堪能できます。禅寺ならではの精進料理も楽しむことができます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

受付時間:8:00~16:00 諸道拝観・祈祷の受付

休業:無休

所在地 〒437-0061 
静岡県袋井市久能2915-1

電話番号

0538-42-2121

交通アクセス

(1)JR袋井駅からバスで10分

(2)東名袋井ICから車で5分

基本情報を見る

秋葉総本殿可睡齋は、東京都中央区の秋葉神社にある宿泊施設です。秋葉神社は、江戸時代から続く歴史ある神社で、古くから親しまれています。可睡齋は、秋葉神社内にある静かな場所に位置しています。その周辺には、明治時代に建てられた古い古美術館、秋葉神社内の文化財保存施設などがあります。可睡齋は、秋葉神社内の約2万平方メートルの広大な敷地内にあり、大きな屋敷のような歴史的な建物として知られています。可睡齋は、13室からなる宿泊施設で、そのうちの9室が宿泊スペースとなっています。客室には、古い古美術館をイメージした内装が施されており、空間に落ち着いた雰囲気を演出しています。宿泊施設の他にも、レストランやカフェ、ギャラリーなどがあり、旅行者から非常に高い評価を受けています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。