石廊権現


石廊権現の地図情報☜

石廊権現について

石廊崎灯台の先、断崖にある石室神社は701年の創建で、祭神は伊波例命(いわれのみこと)。石廊権現とも云われ、海上安全・交通安全・大漁開運の守護神として古くから親しまれています。お祭りでは、地区の漁船が大漁旗をなびかせて権現下の海上を円をつくりパレードします。
石室神社には伊豆七不思議の帆柱があり、床のガラス越しに見ることができます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒415-0156 
静岡県賀茂郡南伊豆町石廊崎

電話番号

交通アクセス

(1)下田駅からバスで50分

基本情報を見る

石廊権現とは、当時の幕府によって定められた特殊な権限を持つ人物を指します。その権限には、豊臣秀吉が持つ権限と同等であったと言われています。石廊権現は、全国各地の石廊(都市)を管理し、その都市内での違法行為を防止したり、犯罪者を逮捕したりする権限を持っていました。また、石廊権現は、政治事務を行う権限を持ち、法律に従って政治的な決定を行うことができました。石廊権現は長期にわたって官僚の任務を担っていましたが、江戸時代の終わりには、豊臣秀吉の政治的な関係などから権限が限定的になっていました。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。