神山一乗寺


神山一乗寺の地図情報☜

神山一乗寺について

伊勢国司北畠氏が神山一乗寺に下付(かふ)した制札で、檜材や松材に墨書された3点が残る。延徳2年(1490)は北畠具方(ともかた)(のちに材親(きちか))の時のもので、署判の式部少輔は奉行人の大宮勝直。明応5年(1496)も北畠具方で、署判の左衛門太夫は奉行人垂水幸恒に比定される。また天文2年(1533)は北畠晴具(はるとも)のものである。いずれも釘打ちされていた痕跡があり、実際に掲げられていたことがわかる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観:年中無休

所在地 〒519-2143 
三重県松阪市中万町1717

電話番号

交通アクセス

(1)多気駅から徒歩で

基本情報を見る

神山一乗寺は、和歌山県海南市にある仏教寺院です。建立は、西暦824年の創建伝説が残るとされる古寺です。本尊は、観音菩薩で、宝泉院あらかじめ正法眼蔵で知られる大山開山の本尊としても知られます。神山一乗寺は、和歌山県の歴史的な文化財として保存されています。そのため、国立公園内として指定されている海南国立公園内に位置します。また、豊かな自然環境の中で保存されているため、多くの観光客が訪れています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。