朝田寺


朝田寺の地図情報☜

朝田寺について

国重要文化財の木造地蔵菩薩立像を祀ることから「朝田(あさだ)の地蔵さん」と親しまれています。江戸時代の画家・曽我蕭白が28歳と34・5歳の頃、2度朝田寺を訪ね残した国重要文化財の獏図と鳳凰図を含む11点の作品は、毎年4月20日から5月5日の牡丹の季節にあわせて公開されます。
約500株の牡丹は芝生をあしらった庭園に鮮やかな花を咲かせ多くの人々で賑わいます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒515-0027 
三重県松阪市朝田町427

電話番号

0598-51-8661

交通アクセス

(1)松阪駅からバスで10分

朝田から徒歩で20分

基本情報を見る

朝田寺は、福井県南越前郡おおい町にある寺院です。建物は江戸時代中期に建てられ、江戸三大寺(境内、銀閣、朝田寺)のひとつとして知られています。現在の主祭神は、元禄17年に朝田家の社務役となった朝田宗元による立祀で、朝田宗元の生誕地でもあります。

朝田寺の代表的な建物として、門前の拝殿、梅林(前庭)、三重塔などがあります。また、朝田寺には、宝物庫として現在でも管理されている朝田宗元の遺品や、歴史的に重要な書物も多く収蔵されています。

朝田寺は、朝田宗元の生誕の地として、また、多くの歴史的な建物と遺品を残しているため、国の重要文化財に指定されています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。