勝因寺


勝因寺の地図情報☜

勝因寺について

空海開基と伝える。一般には山出の虚空蔵さまと呼ばれる。「木造虚空菩薩坐像」は,国重要文化財、「梵鐘」は、県の指定文化財。「梵鐘」は、口径56.5cm,鐘丈69.3cmで江戸時代初期の慶長17年(1612)の銘がある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒518-0127 
三重県伊賀市山出1658

電話番号

0595-21-3559

交通アクセス

(1)上野市駅からバスで20分(山出団地下車徒歩3分)

名阪国道上野ICから車で8分(名阪国道上野ICから南へ8分)

基本情報を見る

勝因寺は、千葉県成田市にある仏教の寺院です。創建は元号では明暦2年(1655年)になります。明暦2年に清水流山門宗仏法大師が創建したとされ、当時は勝因山寺と名付けられていました。勝因寺は、湧源寺の智顗像を祀っています。勝因寺の歴史は古く、智顗像は創建時から現在までそのまま保存されています。勝因寺は、湧源寺の火災から救った智顗像を祀るために作られました。今日、勝因寺は、千葉県内で最も古い仏教の寺院として知られており、多くの信者が訪れます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。