高月院


高月院の地図情報☜

高月院について

高月院はもとの名を「寂静寺」ともいい、寛立上人が在原信重(親氏の妻の父親)の援護を受けて1367年に建立したといわれます。高月院になったのは、親氏が1377年に本尊阿弥陀仏をはじめ堂・塔のすべてを寄進してからと伝えられます。
その後、家康から寺領100石が寄進され、明治維新まで時の将軍から厚い保護を受けてきました。
境内には、松平家墓所があり、親氏、泰親、親忠夫人の墓が並んでいます。また、現在の山門や本堂は1641年に徳川家光によって建立され多くの文化財が残っています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒444-2202 
愛知県豊田市松平町寒ヶ入44

電話番号

0565-58-1623

交通アクセス

(1)豊田市駅からバスで40分(とよたおいでんバス(下山・豊田線))

(2)東海環状自動車道豊田松平ICから車で15分

基本情報を見る

高月院とは、16世紀に建立した日本の寺院です。現在でも、その静かな環境を保ち、多くの信者が観光客として訪れています。神社と同様に、高月院は神聖な空間であり、多くの信者が参拝しに訪れています。参拝者は華厳堂を最初に訪れ、その後、山門、社務所、本堂、円堂を参拝します。更に、高月院には寺院の敷地内にある高月池、高月橋、高月山などの自然景観もあります。また、高月院には豪華な境内施設として様々な施設があり、参拝者はそれらを楽しむこともできます。

高月院は多くの方々に親しまれており、多くの信者が年間を通して参拝しています。高月院では、参拝者に心を豊かにするために多くのイベントを開催しており、参拝者は様々な文化・音楽・芸術などのイベントを楽しむことができます。また、高月院は多くの文化的なイベントを開催し、地元の方々や観光客への特別な招待をしています。

高月院は、四季折々の景観が楽しめる素敵な場所であり、多くの方々が日々参拝し、癒しの空間を楽しんでいます。高月院では、ご参

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。