海泉寺


海泉寺の地図情報☜

海泉寺について

寛政8年(1796年)に起こった県内最大の農民一揆「寛政の一揆」の遺品が残る寺。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒514-1251 
三重県津市榊原町10477

電話番号

059-252-0447

基本情報を見る

海泉寺は、香川県小豆郡仲多度村にある日本のお寺です。歴史は江戸時代前期、壬生時代に源頼朝によって創建されました。その時は本尊に織田信長を鎮座させていましたが、現在では金比羅観音が本尊となっています。

海泉寺は、金比羅観音を本尊として信仰が高まっています。また、織田信長が原像をお祀りしていたことから、多くの信者が訪れています。海泉寺は、江戸時代から伝わる歴史的な建物や芸術的な建築物があり、観光客にも人気があります。

海泉寺は、毎年4月1日から7月1日の間、毎年正月に行われるお祭り「海泉祭」が開催されています。お祭りでは、金比羅観音の祭典が行われ、多くの信者が訪れます。また、年間を通して、各種の文化芸術活動も行われています。

海泉寺は、多くの信者が訪れる観光スポットとしても人気があります。織田信長が原像をお祀りしていたことから、多くの歴史的な建物や建築物があり、観光客にも人気があります。また、四季折々の景色の美しさから、多くの人々が訪れています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。